きらり!活躍する女性社員

お客様に最適な方法で製品の良さを知ってもらう。 自分のアイデアを形にできるのが仕事の醍醐味

2013年入社 大澤 桃子
パラマウントベッド
国際事業本部 企画グループ

入社1年目から現部署に所属し、アジア諸国との受発注、配送、発送、財務処理などの事務とともに、プロモーション業務も担当。2年目より海外プロモーション専任となり、カタログ製作、ショールームや展示会のブース作成などに携わる。

インタビュー

自分の作ったカタログが、世界中で使われている

自分の作ったカタログが、世界中で使われている

入社1年目から国際事業本部配属となり、最初はアジア各国との受発注や配送、財務処理などを担当しつつ、兼任で海外プロモーション業務を担当していました。現在はプロモーション専任となり、シンガポールの現地スタッフと2人でチームを組み、カタログやプロモーション動画、展示会ブースなど海外向け販促ツール全般の制作に携わっています。

この仕事にはデザインの素養が必須ですが、英文科専攻だった私は基礎から勉強しなければなりませんでした。しかも海外向けなので、英語の専門用語も必須。働きながら知識を高めていきました。ただ、新しいことに挑戦するのは嫌いではないので、楽しい経験でもありました。

海外でのパラマウントベッドの知名度は、一部地域を除いてはまだこれから。ブランディングに力を入れたプロモーションが必要だと思っています。その一環として、現在、すべてのカタログのデザインや内容を見直しています。デザインの統一をはかり、これまでほぼ機能の羅列だった内容を、具体的な使い方をイメージできるような文章と写真で構成するようにしました。こうやってつくったカタログが、今、世界各地で活用されています。それが私の代わりに製品を売っていると考えるとワクワクしますね(笑)。

お客様の役に立つ製品を送り出すために他部署やチーム内での連携が不可欠

お客様の役に立つ製品を送り出すために
他部署やチーム内での連携が不可欠

仕事で大切にしているのは、デザインにこだわること。製品のよさを伝えるためには見た目の美しさも大切なので、カタログはもちろん細かい資料に至るまで、見やすく、視覚的に訴えかけるものを作っていかなければと肝に命じています。もうひとつ重視しているのが「連携」です。設計、デザイン、インテリアの専門家であるコントラクト、すべての部門の協力があってはじめて成果物が完成するからです。

シンガポールの担当者との連携も必須。離れた場所にいますし、文化も違うので意思疎通が難しいと感じることがありますが、世界各地にいる営業の方々の役にたつためにも、密なコミュニケーションを心がけています。

パラマウントベッドでは社歴に関わらず、一人ひとりがエンジンになって活躍できる

パラマウントベッドでは社歴に関わらず、
一人ひとりがエンジンになって活躍できる

今後はデザイン的なセンスを磨くことはもちろん、積極的に海外出張に出て、実際に販促ツールを使っている営業担当者や、当社製品を導入している現場を直に見たいと思います。また、プロモーションという枠組みに留まらず、マーケティングについても学び、よりよい販促ツールづくりにつなげたいと考えています。

最近、同じ会社の人と結婚しました。夫婦ともに海外出張が多い職種で、夫は出張にもどんどん行けばいい、と背中を押してくれます。上司や先輩からもブレーキをかけられたことはありません。これまで国際事業本部にはプロモーション専任者がいなかったので、部署としても手探りの部分はあるかと思いますが、その中で、まだ4年目の私が挑戦させてもらえるのはありがたいですね。

スキーで山を下り降りる。爽快さが心地よい。
スキーで山を下り降りる。爽快さが心地よい。

冬はスキーを楽しんでいます。

普段、仕事以外の時間は、家事、特に料理にはまっています。いかに効率よくやるかを目標にしていて、すべてがスムーズに終わると達成感があります(笑)。 我が家の場合、夫婦がお互いに仕事をしているので、家事の分担はとくに決めず、できる人ができることをやるという方針。その一つが私の場合料理なんです。

ある日のスケジュール

ある日のスケジュール

  • 海外展示会準備(ブース / カタログ / 贈答品など)
  • Singapore(PAP)の社員との情報共有Skype Meeting
  • 次の日にやることの整理 / 片付け

ページトップへ