きらり!活躍する女性社員

デザイン面での快適さの追求と 安全・衛生を備えた空間作りを目指して

2007年入社 松村 陽子
パラマウントベッド
市場開発部コントラクトチーム 課長/デザイナー
二級建築士・インテリアコーディネーター

インテリア関連会社を経て、パラマウントベッドに入社。コントラクトチームの立ち上げに参加。現在はデザイナーとして、ベッド周り・病室や高齢者施設内のインテリアデザイン、備品調達を担当している。

インタビュー

拡大しつつある医療・福祉市場に可能性を感じて現職に

拡大しつつある医療・福祉市場に
可能性を感じて現職に

ホテルや商業施設のインテリアを手がける会社に勤務していたとき、パラマウントベッドで新しく立ち上げるコントラクトチームのメンバーを募集しているという情報を聞き、さらにキャリアアップを図ろうと転職を決めました。当時から医療福祉や高齢者向けのマーケットは拡大しつつあり「ビジネスチャンスも多いだろうし、この会社なら長く働き続けられるのではないか」と考えました。

入社後はコントラクトチームに所属して、病室や高齢者施設のベッド周りのインテリアをトータルで提案する仕事をしています。担当は横浜支店と名古屋支店エリア。営業担当者とチームを組んでいます。

医療・介護施設のインテリアで必要なのはデザイン性+安全・衛生

医療・介護施設のインテリアで必要なのは
デザイン性+安全・衛生

我々のクライアントである病院や高齢者施設では今一番、「部屋の付加価値を高めること」が求められています。クライアントの求めるイメージを実現しつつ、患者様にとっての快適性も追求した部屋作りです。
また、医療福祉の現場ですから、安全、安心、衛生対策も重要です。例えばイスの張地など、防水機能に優れていたり、消毒剤で拭いても変色しない素材を選びます。
さらに、お部屋に手すりをつけたり、目に優しい照明計画を心掛けたり、といった配慮もしています。

病室や公共空間の色使いも患者様の気分を左右します。オレンジなどのビタミンカラーは気持ちを明るくします。

インテリアの発想は、洋書や、海外のホテルのウェブサイトを参考にすることが多いですね。また、ヨーロッパ各国の大使館が開催しているインテリア関連の展示会にはどんなに忙しくても行くようにしています。
プライベートで毎年出かける海外旅行で見聞することも、デザインを考える上での良い刺激になっています。

次の世代にコントラクトの業務を伝えていきたい さらに海外プロジェクトも成功させたい

次の世代にコントラクトの業務を伝えていきたい
さらに海外プロジェクトも成功させたい

国内では、一からコントラクト市場を開拓してここまで来たという自負があります。今後は海外展開をしていくことが夢です。
その布石として、インドネシアや中国のショールームをつくるお手伝いなど、海外事業部の業務を手伝ったりもしますし、個人的に語学の勉強も始めています。

今、他部署とも海外関連のプロジェクトが動いています。少しずつ成果が出ています。部署をまたいで、空間デザイン、プロダクトデザインを融合させた形で実績に結びつく仕事を仕上げていきたいと思っています。

スペイン旅行で知り合ったギャラリーオーナーとの楽しいひと時
スペイン旅行で知り合ったギャラリーオーナーとの楽しいひと時
2026年に完成予定のサグラダファミリア
2026年に完成予定のサグラダファミリア

海が好きなので、年数回は鎌倉や横浜を訪れ、リフレッシュしています。あとは、友人とご飯を食べに行ったり、テニスをしたり。

毎年の海外旅行も楽しみにしています。気に入ると同じ街を何度も訪問します。今はまっているのはスペインバルセロナです。2026年サグラダファミリアが完成するのを楽しみにしています。

普段も仕事でいろいろなところに行きますが、時間に追われているので、プライベートで旅行するときは、敢えてあまり下調べもせずのんびり過ごします。

ある日のスケジュール

ある日のスケジュール

  • 商談
  • 病院にてリモデルのプレゼン(2件目)

ページトップへ